期待される効能・効果

高血糖抑制作用

実験動物としてKK-Ayマウス(高血糖・糖尿病モデルマウス)を用いた。それぞれの群に2ヶ月間、「普通の餌」と「高分子CUAフコイダンを混合した餌」を与えた。その後、10日毎に血糖値を酵素電極法で測定比較。後者の方で、血糖値の上昇が有意に抑えられた。

図[1]

expect_index04_01
(鹿児島大学農学部共同研究)

実験動物:KK-Ayマウス(高血糖・糖尿病モデルマウス)
◎インシュリン非依存型のII型
自然発症糖尿病モデルマウス
◎肥満遺伝子の導入により、早期から高血糖を発症

飼育期間:8週間
測定項目:血糖値

 

 

※NPOフコイダン研究所は個人のプライバシーを尊重し、プライバシーポリシーに基づいた情報の安全な管理に務めています。
※掲載している文章、図表使用の権利はNPOフコイダン研究所及び、各出典元記載の団体に帰属します。
無断での転載複製を禁じます。

当法人は、「抗がん作用」「コレステロール低下作用」「血圧低下作用」「抗ウイルス作用」など
さまざまな生理機能が解明されている「フコイダン」について研究を行なっています。

ページのTOPへ戻る